News

ジェルネイルの替え時は?ベストな頻度とジェルネイルを長持ちさせるポイント

コラム

オシャレを楽しむうえで、ネイルは大切なポイントですよね。しかし持ちがいいジェルネイルはつい放置してしまいがちではないでしょうか?「ネイルを替えるタイミングっていつが正解なんだろう……」と疑問に思っている方も多いはず。
今回は、ネイルを替えるのにふさわしいタイミングについてご紹介します。

実は爪は1日0.1mmも伸びる!?

ジェルネイルの替え時は?ベストな頻度と長持ちさせるポイント

爪が伸びる速度には個人差がありますが、爪は1日0.1mm伸びるといわれています。
3週間あれば、2mmも伸びるんです!ジェルネイルをしたまま2cmも根元が伸びると境目がハッキリと見えて、キレイとはいえませんよね。

見た目が美しくないだけでなく根元が伸びた状態のままだと、根元部分からジェルネイルが浮きやすくなり、浮いた部分から水分やヨゴレが入ってしまいます。

フットネイルの場合は、手のネイルよりも伸びるのが遅めで1日に0.03mmといわれています。 手先より目に入る回数の少ない足先なので、手に比べると持ちがいいように感じますが4週間で1cm程度伸びるので、遅くとも4週間に1回くらいの周期でジェルネイルを変えるといいですね。

なぜ、定期的にジェルネイルを変えた方がいいの?

それではなぜ、ネイルは定期的に替えた方がいいのか詳しく解説していきましょう!

衛生面・爪カビ(グリーンネイル)の原因に

施術から時間が経過して爪が伸びると、爪の根元からジェルネイルが浮いて水分やヨゴレが入り込みやすくなってしまいます。
爪とジェルネイルの間は手入れができないので、長期間放置しておくと爪カビ(グリーンネイル)が発生する原因に。 衛生面から考えてもジェルネイルの替え時は、2~3週間に1回が望ましいでしょう。

爪が割れてしまう原因にも!?

ジェルネイルをしていると爪の厚みが増すので、強度が増したように感じますが、長期間ネイルを変えずに放置すると、ジェルネイルと地爪の境目に負荷がかかりやすくなります。
負荷がかかった状態で生活をしていると、爪が割れてしまうことも。

どうしてもジェルネイルをオフする時間がない場合は、爪切りを使うのではなく、爪やすりでジェルネイルごと短くしてしまいましょう。

長い爪は生活に支障がでる

爪が極端に長い状態では、日常生活に支障が生じてしまいます。
相手や自分を思わぬことで傷つけてしまったり、細かい作業か困難になったりします。長い爪にも慣れてしまえば苦ではないという人もいるかもしれませんが、安全面からも適度な長さに保ちましょう!

定期的にジェルネイルを取り替え、適度な長さを保つことが安全にネイルを楽しむポイントです。

ジェルネイルが取れてしまう・浮いてしまう

ジェルネイルは、爪の表面にジェルを塗り硬化させて定着させています。爪の先端や生え際からジェルネイルが浮いてしまうと気泡が入り、取れてしまう原因になります。
この状態では、コートやマフラーなど繊維質なものが引っかかりやすくなり洋服にダメージを与えてしまいます。また、入浴時のシャンプーで髪の毛が引っかかるなど、ちょっとしたストレスの原因にも。

ここでの注意点は、ジェルネイルが浮いてきたからといってムリに剥がしてはいけません。地爪が割れる可能性や傷める原因になるので、絶対にやめましょう。
ジェルネイルが取れたり浮いたりしないように、ケアをしっかりしてください。

ジェルネイルが浮くのが嫌いな方やデザインに飽きっぽく、短い期間でジェルネイルを取り変える人も注意が必要です。
短期間でネイルを取り替えるのは、地爪への負担が大きいです。爪にも休息期間を設けるようにしましょう。

ジェルネイルを長持ちさせる方法

「ジェルネイルは短い期間で替えないほうがいいのはわかっているけど、持ちが悪くて……」という方のために、ジェルネイルを長持ちさせる方法について紹介します!

できるだけ爪先を水に触れさせないように

ジェルネイルは水に弱いので、水仕事はできるだけ避けましょう。
ゴム手袋を使用してネイルが水に直接つかないよう心がけて生活することで、ジェルネイルの長持ちにつながります。

お仕事や生活習慣のなかで「水」を避けることはなかなか難しいかもしれませんが、可能な範囲で対策していきましょう。

指先・爪周りをしっかり保湿する

冬の季節はもちろん、書類や本などの紙を多く触ったりする人やエアコンの効いた場所で過ごすことが多い人は爪も乾燥しやすいです。
伸びてきた甘皮によってジェルが押し上げられ、そのぶん浮いてしまうのでキューティクルオイルやハンドクリームをつけて爪の根元部分をしっかり保湿してください。

自爪が伸びてきても美しさを保ちやすいネイルデザインにする

根元部分が淡いカラーや透明のジェルを使用すると、地爪が伸びても目立ちにくくなるので長い期間美しい状態が保てます。

グラデーションネイルやフレンチネイルのデザインが、伸びてきた地爪を目立たせないようになっているので、目立ちにくいデザインを希望する場合はネイリストに相談して施術してもらいましょう。

ジェルネイルの替え時は?ベストな頻度と長持ちさせるポイント ~まとめ~

ジェルネイルは近年多くの方が取り入れるようになってきたファッションのひとつ。
しかし正しい知識を持っていないと、爪にカビが生えたり地爪がボロボロになったりするおそれがあります。

正しい周期でジェルネイルを交換するのはもちろんのこと、ネイルのケア方法や普段の生活の過ごし方を少し工夫するだけで、ネイルを長持ちさせられるのでぜひ取り入れてみてください!

「いつもキレイ」を「私らしく」選べる。

ネット予約